« お正月準備 | Main | リカバリーしたWindowsXPの Windows Update ができない »

March 13, 2011

福島第1原発事故会見の疑問

疑問がたくさん残る情報しか発表されないのに、
会見場の記者や、テレビの解説の先生方には、
余計な質問や疑問は口にしてはいけない、という
情報統制がされているんでしょうか。
それとも、長時間の取材や解説で、頭が回らなく
なっているだけでしょうか。

「1号機の冷却のために海水を注入しているが、
水位計の表示がおかしいので、注水をし続ける
ことで対応」

という説明でしたが、格納容器の弁を開けているので、
放射能汚染された海水が漏れ出る可能性は
容易に想像できます。


避難されている方の被爆状況についても、
3名の抜き取り検査で3名被爆していれば、
同じ場所にいた全員が被爆していると考えなければ
ならないのに、発表は「3名被爆」です。

その後のバスで避難された方の9名の検査でも
同様だったのに、「9名被爆」でした。

「事実を正確に」という言葉の解釈の相違、でしょうか。

昨夜、「2つある弁のうち1つは開けられたが
もう1つを開けることができない」という状況が
長く続いていましたが、NHKで解説されていた
先生がポロリと、「放射能が強く作業が困難」
と話していました。

会見にはない情報でしたし、その後一切その話を
していません。言ってはいけない事実だったので
しょうか。

1号機の具体的なレイアウトはわからないので、
弁2つがどのような位置にあるのかわかりませんが、
手動で作業することも想定されている設備であれば、
通常なら作業困難な汚染環境ではないはずで、
想定外の放射能漏れの可能性があります。

「事実を正確に」発表してもらえれば、
このような余計な想像はしなくていいのですが。


統制から外れていたのか、放射能漏れがあったという
ニュースの時は、単なる間違いなのでしょうが、
反対に不安を煽る表現で驚きました。

「1時間で1015マイクロシーベルトの放射線量」の説明に、
1年間に被爆する『許容量』という言い方が、どの
ニュースでもされていましたが、これは間違いです。

昔は(30年くらい前)は、「しきい値」という考え方が
あって、ある程度以下なら何度被爆しても大丈夫という
線引きがあったのですが、その後、被爆にはしきい値は
なく、少しの線量でも何らかの影響があるという
考え方が一般的になりました。

その意味では、許容量はゼロなのですが、実際には、
普通に生活しているだけで、レントゲン検査など受けなくても、
1年間に、自然環境(太陽光や地面からの放射線、
自分の体の中からも微量ですが放射線が出ています)
だけで、1ミリシーベルト(=1000マイクロシーベルト)程度の
放射線を受けています。
飛行機に乗るだけでも、被爆量は増えます。

正確な数字を覚えていないのですが、放射線に
関連する業務に付いている場合の許容線量は、
自然被爆の数十倍だったと思います。

「1ミリシーベルト」が許容量だとしたら、許容量を
超えている人が何十億人もいることになってしまうの
ですが。

|

« お正月準備 | Main | リカバリーしたWindowsXPの Windows Update ができない »

ニュース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95786/51106269

Listed below are links to weblogs that reference 福島第1原発事故会見の疑問:

« お正月準備 | Main | リカバリーしたWindowsXPの Windows Update ができない »