パソコン・インターネット

February 17, 2012

IEのバージョン

会社では現在でも、Windows7マシンをXPにダウングレードして使っています。

OSをインストール後、ウィルス対策ソフトを入れて、Microsoft Update を行いますが、社内のアプリでまだ、公式にはIE6までしか対応しておらず、IE7は保障外だが使用可能というのもがあるため、Internet Explorerは、7しか入れられません。

今までは「カスタム」でアップデートを行い、表示された『Windows XP 用 Internet Explorer 8』のチェックを外して、「この更新プログラムを非表示にする」を選ぶと、次のアップデートで Internet Explorer 7 が表示されて選択できたのが、ふと気付くとできなくなっていました。

IE8以降でないとHTML5.0に対応していないからでしょうか、何度やってもMicrosoft Update にはIE7が表示されません。
世の中一般では、IE7はすでに過去のブラウザなのでしょう。
当面は、個別にIE7をダウンロードするしかないようです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 09, 2011

リカバリーしたWindowsXPの Windows Update ができない

この2,3週間ほど、リカバリーしたWindows XP のパソコンの Windows Updateをしようとすると、http://support.microsoft.com/kb/2497281にリダイレクトされてアップデートができなくなっています。

この現象が出始めたころは、何回か繰り返していると、リダイレクトされずにアップデートのページが表示されましたが、そのうち完全にだめになってしまいました。

リダイレクトされたKB497281のページには、最新のサービスパックに更新されていないとアップデートサイトにアクセスできないことがあると書かれていましたが、手動でSP3を当ててみても変わりませんでした。

いくつかのサイトには、マイクロソフト側の障害のようで、Update Agent を最新にするとうまくいくとあり試してみましたが、それでもだめでした。

ふと、本当にUpdate Agent が最新になっているのだろうかと思いファイルを見てみると、Cdm.dll、Wuapi.dll、Wuauclt.exe、Wuaucpl.cpl、Wuaueng.dll、Wucltui.dll 、Wups.dll、Wups2.dllは最新ヴァージョンの7.4.7600.226でしたが、Wuweb.dll のみ旧ヴァージョンのままでした。

それで、別のPCの7.4.7600.226になっているWuweb.dll をコピーしてから、改めてWindows Update を行うと、無事にアップデートサイトが表示されました。

余計な手間をかけさせるマイクロソフトは、半月も障害の対応ができないなんて、何をやってんだろう。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 05, 2010

squidのエラー

仕事始め早々、会社のプロキシサーバの1台が障害を起こしていました。

年末、配電設備のメインテナンスのために全社停電となった時に電源を落としたのですが、再起動後に動作しなくなったようです。

利用者の少ないプロキシで、再起動後pingの応答があっただけで良しとしてしまったのですが、実際に動作を確認してみるべきでした。

手動でsquidを開始させようとしても Failed となってだめで、サーバを再起動してみると、他のサービスには問題が無いのに、squidのみ起動しませんでした。

で、仕方なく本腰を入れて障害対策をしようとログを見ると

FATAL: Could not determine fully qualified hostname. Please set 'visible_hostname'

とありました。

visible_hostname は、もともと初期設定のまま(none)で5年以上運用しているので、なんで今更、とは思いましたが、試しに squid.conf に1行 
visible_hostname unknown
を追加してみると、正常に起動しました。

???という感じですが、とりあえず使えているのでOKです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 26, 2009

XPダウングレード後のライセンス認証

VistaからXPへダウングレードした後のライセンス認証が、
ずいぶんスムースになってきました。

最初の頃は、「インターネットに接続して認証」が通らず、
いちいちマイクロソフトに電話をして、電話のお姉さんの
「本当にダウンロード権のあるヴァージョンのVistaなんで
しょうね」という疑いを含んだ、2度3度のしつこい質問に
答えなければならず面倒くさいものでした。

今、会社で使っている3台のHP mini-note でも、
去年の11月、1台目の時は上に書いたようなやり取りを
しなければなりませんでした。

それが、今年の初めに2台目のダウングレードを行った
時には、ダウングレード権のあるPCのリストが出来て
いたようで、電話でPCの型番を伝えるだけで、すぐに
番号をくれました。

最近は更に進歩して、先日3台目のダウングレードを行った
時には、また電話をかけるのか、面倒くさいなと思いながら、
とりあえず「インターネットに接続して認証」を行ったところ、
あっさりと通ってしまいました。
マイクロソフトも努力はしているんだな、感心です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 25, 2009

HP mini-note 2133 のその後

会社では、持ち運び用のノートPCとして、昨年11月に初めて購入してから、
都合3台のmini-note 2133 を社員に使ってもらっています、

ところが先日、一番最初に配布した社員から、「返品をしたい」という
依頼がありました。

サーバやネットワーク機器などのメインテナンス用には、表示文字が
小さすぎて、ミスタイプをしても見つけられず、使いにくいとのこと。

会社のデスクトップでデータなどを作っておいて、現場で転送するだけなら
問題ないのでしょうが、その場で設定入力をするのはきついとのこと。

キーボードは使いやすいんだけれど、と残念そうな感じでしたが、
別の社員が使っているレッツノートと交換することにしました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 29, 2008

Windows Update に失敗する

最初に一言、
『Windows XP を使っていて、まだSP3にアップしていない人は、問題が解決するまでアップしない方がいいです。』


しばらくまとめてパソコンのセットアップをやる機会がなかったので、「アップデートの失敗が増えたな」程度にしか思っていなかったのですが、この数日、10台程度のパソコンを、ノートやデスクトップ、新品やリカバリーなど取り混ぜてセットアップを行なったところ、半分以上のパソコンで、XP SP3 インストール後のウィンドウズアップデート(またはMicrosoft Update)に失敗しました。

1台を除いて、アップデートファイルのダウンロードは出来るがインストールに失敗するという現象で、残りの1台は、ダウンロード自体が出来なくなりました。

同じ時に購入したシリアル番号の近い同一機種新品のPCで、全く同じセットアップを行なっても、問題なくアップデートできたものとSP3インストール後アップデートの出来なくなったものとがあるという、あまり理解しにくい状態でした。

先日HPのMini-NoteをXPにダウングレードしたときに見つけたウェブページ http://support.microsoft.com/kb/953541/ja にある、手順1や手順2の対応でアップデートできるようになったものもありましたが、解決できないものもあったので、そのページにあった「サポートに問い合わせる」をやってみることにしました。

いつものマイクロソフトのサポートなら「ソフトに問題がある障害が発生してどれだけ迷惑をかけていても、金を出さなきゃ一言も教えてやらないし対応もしない」という態度なので、あまり期待をせずにリンクをクリックしたところ、驚くような文字が並んでいました。

  「無償サポート:回数制限なし。」

これだけで、今回のSP3の障害の問題がどれだけ大きいものかよく分かりました。

しかもメール問合せには、回答が翌日には来るというすばやさでした。

回答にあった対応策は、アップデートファイルを個別にダウンロードしておいて、Windowsをセーフモードで起動して個別にインストールしてください、というもので、その通りにやって成功しました。

SP3を入れてしまってWindows Update や Microsoft Update に失敗している方、このXP SP3 問合せ窓口を活用しましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 21, 2008

HP 2133 mini-note の使用感

昨日、社員に通常配布しているパソコンと同じように、OSをXPにして、MSオフィスなどをインストールしましたが、今日はあまり使う機会はなく、まだ業務用として配布して大丈夫かどうかの判断はできていません。

触っていて、という程度しか使ってないのですが、いくつか気づいたことを書いてみます。

(熱)
使い始めてまず気づいたのは、本体の底がとても熱くなることで、今日は寒かったのでひざの上に乗せると気持ちが良かったけれども、あまり長い時間同じところに当てておけないくらいの熱さでした。

(表示文字の大きさ)
8.9インチのサイズで1280×768の解像度では、実用にならないくらい文字が小さいのではと心配しましたが、ウェブの閲覧以外では、それほど読みにくい感じはしませんでした。
ウェブサイトは文字の色、大きさ等いろいろで、画像で表示された文字かテキストで表示されたものかによっても違うため、目を近づけても読めない文字もありました。

(バッテリー駆動時間)
3セルのバッテリーは、仕様では最大約2.3時間となっていますが、実感では、安心して使えるのは1時間強でした。
バックライトを暗くして、スピーカの音を切って等、気を使えば仕様に近い時間使えるでしょうが、仕事だと、見やすいようにバックライトを一番明るくしたり、USBハブの電源を取ったりとなるので、実使用時間は短くなります。
ACアダプタが使えないところで、障害対応など終了時間を計算できない仕事を行う場合には、6セルのバッテリーも必携でしょう。

多少あせったのはバッテリーの残り5%くらいで電源を切って、何時間か置いてから立ち上げようとしたときで、電源スイッチを入れても無反応でした。

よく見ると、電源スイッチを入れるたびに、ACアダプタの差込口の充電ランプが点滅するので、バッテリーが空になっているんだな、と分かりましたが、それに気づくまでは、残りが5%程度でも起動くらいはするだろうと思っていたので、もう壊れたのか、と勘違いしてしまいました。

(タッチパッドの設定)
最初、タッチパッドに左手の親指の付け根が触ってマウスカーソルが勝手に動いていたのですが、設定でPalmCheckという誤動作防止項目があり、合わせて、タッチパッドの感度も落とすことで、気にせず使えるようになりました。
ただ、左ボタンを指の付け根で間違って押してしまうのは避ける方法がなく、こちらは慣れるしかないようです。

(ディスプレイとタッチパッドボタン等との干渉)
たまたまディスプレイに蛍光灯が映りこんだときに気づいたのですが、ディスプレイを閉じたときに、タッチパッドや左右のボタンと重なる位置に、パッドの縁とボタンの形に汚れがついていました。

ディスプレイの端にはゴムのパッドがついていて、閉じたときにもキーボードに接触しないようにしてあるようですが、私の使っているマシンだけなのか、タッチパッドの縁の、動作OFFのボタンがある細くなった部分がモールドの歪みで盛り上がっていて、左右のボタンはもともと高さがあるので、ディスプレイを閉じると接触するようです。

今のところ手の油が移る程度ですが、ある程度使い込んできてヒンジなどがゆるくなると、これらの部分が、持ち歩き時に擦れて傷になりそうです。「スクラッチ・レジスタント・ディスプレイ」の効果がどの程度あるものかを期待したいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 19, 2008

HP 2133 mini-note のXPへのダウングレード

現在mini-noteにはXPモデルはありませんが、HPのウェブサイトにはドライバが揃っているので、安心してダウングレードができます。

HPで出しているディスクキットは、なぜか会社が利用している商社では購入できず、直接HPから買ってくださいとのことだったので、今回は購入していません。
XPのCD-ROMは、以前NECのノートPCをダウングレードしたとき購入したパッケージ品を使いました。

以前のNECのノートでは、オンラインではXPのライセンス認証が出来ず、電話をかけて行なったのですが、「本当にVISTAのヴァージョンは、ダウングレードに対応したものなのか」というのを何度も聞かれて、面倒くさいものでした。またあれをやるのかと思って覚悟していたのですが、今回は、簡単にオンラインで認証が済んでしまいました。

これなら簡単に終わるぞ、と思ったのですが、実際には、いくつか引っかかったところがありました。

XPをインストールして、マカフィを入れて、Windowsアップデートを、という、通常のインストールの流れで進めたのですが、ダウングレード直後だとネットワークのドライバも入っていないので、マカフィを入れた後、ネットワークドライバだけを他のPCで落としてインストールをしました。

マカフィの定義ファイルをアップデートしてから、Microsoftアップデートでは先ずXP3を入れて、と進めて、残りのアップデートをしようとしたところ、「Windowsアップデートに失敗しました」となってしまい、何回か試してもだめでした。

googleで調べたところ、「Windows XP SP3 をインストールした後、Windows Update、Microsoft Update、または自動更新で更新プログラムが正常にインストールされない」(http://support.microsoft.com/kb/953541)というのが見つかり、「回避策」として、手順1、手順2まであるうち、手順1でアップデートが出来るようになりました。wups2.dll が登録されていなかったようです。


Windows Update も終わり、残りのドライバを入れようとHPのサイトにアクセスしたところ、ドライバのダウンロードボタンをクリックしようとすると、IEの画面の左下に「実行しましたが、ページでエラーが発生しました」のメッセージが出てボタンが押せません。

HPのトップページを表示した時点で、「エラーが発生しました」のメッセージがあったので、何か足りないのか設定の問題かとも思い、いくつかいじってみましたが変わりませんでした。

こちらも仕方ないのでgoogleで調べて、古い情報でしたが、「Web 参照時のエラー メッセージ : このページのスクリプトでエラーが発生しました」(http://support.microsoft.com/kb/306831/ja)にあった、「Urlmon.dll ファイルの登録」を行なったところ解決しました。

ということで、残りのドライバを入れ、MSオフィスを入れて、最後にMicrosoft Update でオフィスのアップデートを行なって、動作確認用のセットアップを終えました。

ワードやエクセルの使用感を確認して、それほどストレスが無ければ、今後は、社員から持ち運び用のPCの要求があったときには、このクラスのノートを購入する予定です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 15, 2008

HP 2133 mini-note ハイパフォーマンスモデル

遅ればせながら、というか、会社で1人1台の持ち運べるノートPCとして、仕事に使えるかどうかの評価をするために、HPのmini-noteを購入しました。

梱包箱から取り出した時に「小さい、けれども重い」と感じましたが、とりあえずビスタでセットアップして使い始めた印象を書いてみます。

電源を入れて、まず、ディスプレイが小さいという印象がありました。

今のモバイルノートPCは、サイズいっぱいのディスプレイがついているのが普通なので、両側にスピーカがあり、上にCCDカメラがついていて、その内側に外形の70%程度のサイズで表示されるディスプレイは小さく感じます。

その反面、小さなサイズで1280×768pixの解像度であるため、画面表示が細かいきれいな感じに見えます。


重さは、3セルの軽量バッテリーをつけて実測1273グラムでしたが、手元にあった東芝のダイナブックSS S7に大容量バッテリーをつけたもの(実測1405グラム)よりも重く感じました。

外形が小さいにもかかわらず厚みがあるせいかも知れませんが、実際に重さを測ってから持っても、HPのほうが重く感じました。

キーボードは押し込みの深さがあり、しっかりした感触で気に入ったのですが、キートップが滑りやすいのが残念です。直角に真下に押すようにしないと、指が滑ってほかのキーに触ってしまうので、いい加減なタイピングができず疲れる感じがします。たぶん慣れてくれば気にならなくなるのでしょうが。

タッチパッドの左右の幅が大きく、ホームポジションに指を置いていると、親指の付け根で、タッチパッドの左右にあるボタンを押してしまうことがあります。また、親指の付け根がタッチパッドに触れてしまうこともあり、マウスカーソルの動きに影響があることもあります。ここいらへんも慣れが必要な感じです。

タッチパッドの左右のボタンは、深く押し込むもので、人により好き嫌いはあるかもしれませんが、私は気に入りました。

肝心のパフォーマンスは、今のところ、セットアップを終わってマカフィを入れ、Windows Updateを終わっただけなのでなんともいえません。

今この文章は、OTTAVA(Contempolary Classical Music Radio Station)をかけながら書いているのですが、音がブチブチ切れるのが気になるところです。

特に何かの操作をしたりソフトを起動したりというときでなくとも切れるので、ここいらへんが、普通のノートPCとの性能の差になるのでしょうか。

Windowsエクスペリエンスインデックスのスコアを記しておきます。

プロセッサ:2.0
メモリ:4.1
グラフィックス:3.1
ゲーム用グラフィックス:2.5
プライマリハードディスク:5.3


とりあえずの第一印象はこんな感じですが、ここまで文章を入力してきて、キーボードの配置や感触にまったく違和感がないのに感心しました。タッチパッドや左ボタンには多少悩まされていますが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 12, 2008

ThinkPad R61e

前に記したような事情で、しばらくレノボ製のノートPCは購入しない予定でしたが、ThinkPadを除くと、モバイル用のノートPCの選択範囲が狭まってしまうので、まずいなとも思っていました。

すると、「会議室に置いて、プロジェクタ投影に使える適当なノートPCがほしい」という問い合わせがあり、予算外ということもあって安いものを探したところ、レノボの叩き売りのPC「ThinkPad R61e」を見つけました。

モバイル用と大型ノートでは、部品も構成も組立場所も異なるでしょうが、メーカーとしての品質管理など、おおよその所は分かるため、ちょうど良いチャンスで、このマシン2台を発注しました。

在庫有りのためすぐに納品されたので梱包をあけてみると、期待に反してというか、想像通りというか、個別の梱包箱の中で、2台の収められた向きは逆になっていました。梱包箱には天地方向の表示があるので、どちらか1台は上下逆に梱包してあるということになります。

Made in China なので、この程度のいい加減さは問題とすることではないのかも知れませんが、梱包手順書があってそれに従っていれば(というのは製造業では常識以前の当たり前のことですが)、このようなことは起こらないでしょう。

「梱包箱に入れる製品の向き」というような、誰が見てもすぐに気付くし、間違っていれば誰でも簡単に手直しが出来るようなことでも、修正されずにそのまま出荷されているということは、すぐに気付かないようなところで問題があった場合の対応など、期待できるものではありません。

やはり当分レノボのノートPCは、重要な仕事用には使えないなと、がっかりしながらセットアップをしていると、次の問題が発生しました。

いくつかのアプリを入れて再起動したところ、2台中1台のトラックポイントが反応しなくなりました。

こんなもんが断線するほどいい加減な組立なのか、と、どうしても悪い方向に考えてしまうのですが、修理に戻すとなると面倒だし、要求の出ている支店にパソコンを配布するのが遅くなってしまうため、ハードの障害ではなく、ドライバがうまく読み込めなかっただけならいいのだが、と思いWindowsを再起動させると、終了中にトラックポイントが反応するようになりました。

ソフトの問題であることが分かり一安心して、起動中どこで動かなくなるかをマウスカーソルを動かしながら見ていると、何らかのドライバとぶつかっているようで、起動が進むに従って動きがぎごちなくなり、起動が完了するとまったく動かなくなってしまいました。

ここからの対応は、かなりスムーズに進みました。

レノボのサイトにアクセスし、機種を自動検出させて更新用ドライバを見ると、該当する障害の対応を行ったドライバがアップされており、それをインストールして問題は解決しました。

必要最小限のドライバや修正用のファイルさえ公開しないメーカーも多い中で、これだけ簡単にソフトの不具合対応ができるのは、とても評価ができます。

何とかレノボにはがんばってもらって、信頼に足るノートPCを作ってもらいたいものです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧